日本列島「桶」の旅

温泉アイドルまみりんが、日本の温泉制覇を目指す!

超絶人気の秘湯「乳頭温泉郷」にいってきた

ども。くしゃみ・鼻水・目がかゆい(●´ω`●)

そうですね、春ですね!

私の体ったら、全身で敏感に春の訪れを教えてくれるんだから…( ;∀;)

 

温かくなりはじめたこの時期に、わざわざ行って参りました「雪国」へ。

なんと!!

秋田の人々が口を揃えて

「今シーズンでいっっちばん、最悪な天候」と、いう中行ってきたのであります。

ハハハ…。

私が乗った新幹線の後の便は、全部運休になってたからね(・ω・)

悪運が強いというか、なんというか…。

 

ひとまず、駅前から路線バスに乗り込んで目的地の「乳頭温泉郷」を目指します。

1時間に1本しかない貴重なバスなので、逃したら凍死しちゃうので要注意。(※駅の中はあったかいです)

駅周辺のコンビニでお菓子とかビールとか買い込もう!なんて、思ってたけど…コンビニなんてどこにもないっ(´;Д;`)

ちょーっと荷物になっちゃうかもだけど、持参するのをオススメします。

 

約45分かけて、到着。

おおお…すごい雪だ。

到着…と言っても、バス停の名前すら見えないけど。

ここで合ってる?

あ、ちゃんと「アルパこまくさ」でした。ホッ♡

ここからは本日の宿泊宿、「鶴の湯さん」のお迎えのバスに乗り換えていざ出発。

 

どんどん雪山に突入していく…。

10メートル先見えません!!

やばい!あたし遭難しちゃったかも?的な気分に。

そのまま、果てしなく変わらないと思われた真っ白な世界を進んだ先に、ようやく目的地らしき場所が見えてきました。

東京駅を出発して、約5時間かけて到着。

乳頭温泉と言えば、有名なこの温泉宿。

江戸時代から続く、歴史ある温泉宿。

「鶴の湯」さん。

さて、まだチェックイン出来ないから一先ず荷物を預けて…。

お目当ての露天風呂を、思う存分楽しませてもらいましょうか♡とワクワクしていたら…。

まさかの、本当にまさかの、思いがけない一言。

 

「お客様、申し訳ございません…。実は、雪崩の危険があるため…本日露天風呂は入れません…。ご了承ください。」

 

 

ええええええええええええ!?

嘘でしょ!?

 

 

♡続く♡

 

mami

おんせん県生まれのおんせん県育ち。生粋の温泉大好き娘。温泉スペシャリスト。
別府八十八湯温泉名人であり、九州八十八湯温泉泉人。
OFR48『まみりん』として温泉アイドル活動中。


follow us in feedly